2010年04月27日

記者会見開放でシンポ=メディアのあり方議論−新聞労連(時事通信)

 日本新聞労働組合連合(新聞労連)は25日、シンポジウム「記者会見は誰のもの」を東京都内で開き、参加者が会見やメディアのあり方について活発な議論を展開した。
 ビデオジャーナリストの神保哲生氏が講演し「(省庁などの)会見が既存メディアの特権ではいけない。報道目的なら誰でも参加できるようにすべきだ。記者クラブに新しいメディアを入れた方が統治権力へのスクラムは強固になる」と訴えた。
 討論では鈴木寛文部科学副大臣が、副大臣会見の動画を自分のホームページ(HP)に掲載したいと文科省の記者クラブに申し入れ、断られたと指摘。会場にいた同省担当の記者は「政治家としてのアピールに使われる色彩が強く、ほかの方法がないかとクラブで話し合った。鈴木氏のHPから文科省のHPの動画にリンクを張ることで落ち着いた」と反論した。 

学力テスト方式移行「大失政の典型」橋下知事(読売新聞)
外相、防衛相とも中国に不快感 中国艦載ヘリの海自艦への異常接近で再抗議(産経新聞)
対戦車誘導弾、検査中に誤発射…壁突き破る(読売新聞)
元交際相手にナイフ突きつけ15時間監禁容疑 無職の男逮捕 警視庁(産経新聞)
「ゲゲゲの女房」出演の俳優・向井理さんが追突事故(産経新聞)
posted by イワキリ カネハル at 21:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。