2010年04月16日

普天間決着 5月末「方向性決める」 首相、詳細合意先送り(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を5月末に決着させる方針について、「これで行こうとの方向が互いに認められた状況を指す。なんとしてもその状況を作りたい」と述べた。「決着」内容に関し、米国、地元と移設案の具体的な部分についてまで合意することにはこだわらない考えを示したものだ。首相公邸前で記者団に語った。

 平野博文官房長官も同日午前の記者会見で、5月末の決着について、「米国と地元に理解をいただき、その上で具体的に詰めていく状態だ」と語り、米国、地元の双方と詳細部分を協議していくための土壌ができることだとの認識を示した。

 平野氏は「5月末までにすべて技術的な詳細も含めて終わっていなければ、理解(を得た状態)ではないという認識には立たない」と強調した。

 政府内の今後の手続きについて、平野氏は「閣議決定か閣議了解かは別として、何らかの意思は明確にしなければならない」と語り、政府の方針を閣議決定などによって定めていくことを目指す考えも示した。

ヘルスケア分野のMBAコースを開設―国際医療福祉大大学院(医療介護CBニュース)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
子ども手当受給の外国人、22年度中に把握(産経新聞)
「肩代わり」法案が衆院通過(医療介護CBニュース)
posted by イワキリ カネハル at 16:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。