2010年03月13日

大島氏、普天間5月未決着なら退陣を=首相「国民への約束守る」(時事通信)

 自民党の大島理森幹事長は6日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関して、取材に対し、「首相は結論を5月までにまとめると言っている。完全に解決しなければ、退陣してもらわなければならない」と述べ、5月までに決着しなければ鳩山由紀夫首相の退陣を要求する考えを明らかにした。同党幹部が普天間問題で首相退陣を求めるのは初めて。
 これに対し、首相は同日午後、都内で記者団に「約束は約束として、しっかり守らなければならない。一つ一つの政策の実現に向けて覚悟を持って臨むのは当たり前の話だ」と述べ、「5月決着」に全力を挙げる決意を重ねて強調した。 

外国たばこ、値上げ認可=財務省−マールボロ340円に(時事通信)
高校無償化法案の付則修正=公明の要求受け−与党3党(時事通信)
<水難事故>都内の女性おぼれて死亡 沖縄・ダイビング中(毎日新聞)
長崎県コンドーム販売規制条例 継続か撤廃かで議論続く(J-CASTニュース)
設備投資、17.3%減=10〜12月期の法人企業統計−財務省(時事通信)
posted by イワキリ カネハル at 03:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。