2010年06月18日

病院で生活保護受給者“青田買い” 不動産業者が勧誘チラシ次々(産経新聞)

 生活保護費を吸い上げる貧困ビジネスが横行する中、大阪市内の複数の不動産業者が救急病院に入り込み、生活困窮者の患者を管理物件に勧誘していることが15日、分かった。「新生活をサポートする」とうたい、生活保護の申請段階から介入。保護費から敷金や家賃を徴収し、空室を埋めるのが狙いとみられる。病院を舞台に「受給者の青田買い」が行われている形で、行政側も「囲い込みにつながりかねない」と動向を注視している。

 ■高齢者マンションの営業マン「紹介料、一人10万円」

 「安心の福祉(生活保護)物件。家具もプレゼント!」「受給者専門。何でもご相談ください」…。救急搬送を受け入れている大阪市内の総合病院。患者の早期退院を支援する担当窓口には、不動産業者のチラシが次々と持ち込まれる。

 市内の業者がほとんどで「保護申請の相談にも乗る」とアピール。病院から入居先への送迎▽手荷物の無料配送▽家具や寝具の準備−などサービス内容もほぼ一致している。

 路上生活者や定住先を持たない「ネットカフェ難民」らが救急搬送された場合、病状が回復しても、ただちに退院させるわけにはいかない。このため、病院側も住宅探しをサポートする職員を配置しているが、患者と一緒に仲介業者を回るほど人員に余裕がない。

 入院日数が長引くと収益が低くなる現行の診療報酬制度のもとでは、「スムーズに家を見つけてもらうため、業者のチラシを紹介することもある」(病院関係者)という。

 こうした現状は多くの病院で共通しており、退院支援を担う20代の女性職員は「家探しの知識もないし、保証人がいない困窮者の物件を探すのは本当に難しい。業者が斡旋(あっせん)してくれるならありがたい」と本音を明かす。

 最近は「高齢者向け賃貸住宅」の営業も増加。受給者で介護が必要な患者の紹介を病院に依頼し「食事サービスや訪問介護もある」と勧誘しているという。

 堺市の総合病院に勤務する30代の男性職員は、高齢者向けマンションの営業マンから「患者一人につき10万円のリベートを払う」と持ちかけられたことがある。不審に思って断ったが「保護費に加えて介護費用も狙った新手の囲い込みではないか」と懸念する。

 病院で勧誘を行っている仲介業者は「病院も患者さんも困っており、両方の役に立つ仕事。仲介手数料しかもらっておらず、貧困ビジネスのように思われるのは心外だ」と話す。

 大阪市の担当者は「患者本人と事業主との契約であり、本人が納得していれば、問題にはできない」と慎重な立場。ただ、無理に物件を斡旋して保護費をピンハネしているような事実があれば「話は別」とし、実態把握に努める方針だ。

【関連記事】
生活保護費めぐる闇 横行するネット仲介とは
生活困窮者を先手“囲い込み”大阪の4市「囲い屋」撃退へホテルと提携
転売目的か 受診の生活保護受給者、4人に1人が基準量超の向精神薬入手
貧困ビジネス排除へ初の連携協議開く 全国30都市、近く提言
地下室なのに…転居1回50万円、敷金扶助に群がる実態

本社・FNN合同世論調査 「菅新首相に期待」57% (産経新聞)
中四国、近畿、東海で梅雨入り=気象庁(時事通信)
<超軽量飛行機>墜落し大破…操縦の男性死亡 茨城(毎日新聞)
「辺野古は困難」菅首相と初会談の仲井真知事(読売新聞)
<詐欺容疑>偽申告で還付金詐取 2人逮捕 愛知(毎日新聞)
posted by イワキリ カネハル at 11:26| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

児童ポルノをネット販売=1万5000枚を押収―所持容疑で4人逮捕・警視庁など(時事通信)

 児童ポルノのDVDを販売目的で所持したとして、警視庁少年育成課と北海道警などは2日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で、千葉県木更津市高柳、無職牧誠二容疑者(51)ら4人を逮捕した。
 同課によると、いずれも容疑を認める一方、「別の人間に頼まれた」などと話しているという。
 同容疑者らは26の裏DVD販売サイトを通じて注文を集め、郵便小包で発送。昨年8月から今年2月にかけ、約4400万円を売り上げたとみられる。
 自宅兼ダビング工場のアパート一室で、わいせつなDVD約4万8000枚を押収。うち約1万5000枚が児童ポルノだった。8割は日本人とみられるアジア系の女児らが写っていたという。 

【関連ニュース】
ネットのわいせつ画像一斉摘発=8都府県で少年ら18人
16歳教え子にわいせつ行為=容疑で高校非常勤講師逮捕
電車で下半身露出=中学教諭、容疑で逮捕
児童ポルノ接続遮断「早期実現を」=アグネス・チャンさんが提言
副士長を懲戒免職=夜行バスで女性触る

<高額報酬請求>横浜のトレーラーのタイヤ脱落事故訴訟で 原告に説明なく 弁護士を懲戒処分(毎日新聞)
シンドラー製でロープ破断=エレベーター5000台を緊急点検―国交省(時事通信)
政府与党、会期延長を検討…参院選ずれ込みも(読売新聞)
<トイレ監禁>次男の体重40キロ未満だった(毎日新聞)
<雑記帳>新社会人「年功序列」希望が4割以上 ネット調査(毎日新聞)
posted by イワキリ カネハル at 00:53| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

SS元船長「もう妨害活動しないと思う」(読売新聞)

 南極海で調査捕鯨をしていた捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に侵入したなどとして、艦船侵入や傷害など五つの罪に問われた反捕鯨団体「シー・シェパード」の元船長、ピーター・ベスーン被告(45)の第3回公判は31日午後も東京地裁で続けられ、証拠調べが終了した。

 次回6月10日に検察側の論告と弁護側の最終弁論が行われ、結審する予定。

 ベスーン被告は被告人質問で、昭南丸に侵入する前にシー・シェパードのポール・ワトソン代表と相談したことを認め、「(ワトソン代表から)私個人の判断で行うように言われた」と話した。今後も妨害活動を続けるかどうかについては「断言できないが、恐らくしないと思う」と答えた。

 この日の公判では、傍聴していた男性2人がベスーン被告に「テロリスト」などと叫び、うち1人が一時拘束された。

相撲協会の対応不十分 一連の不祥事で川端文科相「重大性理解していない」(産経新聞)
福島氏、連立離脱の意向表明=「罷免は社民切り捨て」(時事通信)
直木賞、電子書籍に…「ほかならぬ人へ」早くも(読売新聞)
ライブ用音響セットでボリューム”限界上映”――第3回爆音映画祭(Business Media 誠)
小沢氏政倫審を回避?2度不起訴で民主が消極的(読売新聞)
posted by イワキリ カネハル at 01:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。