2010年05月21日

65歳以上、総人口の23%=高齢社会白書(時事通信)

 政府は14日の閣議で、2010年版高齢社会白書を決定した。09年10月1日現在、65歳以上の高齢者は前年比79万人増の2901万人で、総人口に占める割合は同0.6ポイント増の22.7%と過去最高となった。
 65歳以上の高齢者がいる世帯は、08年現在で1978万世帯と全世帯の41.2%を占めた。最も多いのは夫婦のみの588万世帯で、これに一人暮らしの435万世帯が続いた。3世代同居は367万世帯、親と未婚の子は363万世帯だった。 

【関連ニュース】
ワークライフバランス促す=「競争力高める」
デフレが足かせ=中小企業白書原案
温暖化対策支援を強調=09年版ODA白書

裁判員裁判通訳人 選任基準あいまい 資格制度の必要性指摘(産経新聞)
<通り魔>8歳女児刺される 殺人未遂で無職女逮捕…大阪(毎日新聞)
公務員法案が参院審議入り(時事通信)
介護事業者に指導方針を事前通知、全国初―静岡県(医療介護CBニュース)
スマートな「ティッシュケース」 置く場所選ばず(産経新聞)
posted by イワキリ カネハル at 13:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

改正健康保険法が成立=協会けんぽの保険料抑制(時事通信)

 中小企業のサラリーマンらが加入する全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の保険料上昇を抑制する改正健康保険法などが12日午前の参院本会議で賛成多数で可決、成立した。
 改正法では、75歳以上の後期高齢者の医療費を支えるため、各被用者保険が拠出する支援金の算定方式について、加入者1人当たりの定額負担とする現行方式から被保険者の年収比例で算出する方式に改める。これにより、財政悪化が進む協会けんぽの負担割合が減り、その分を健保組合などが肩代わりする形となる。 

【関連ニュース】
国保法等改正案が衆院通過=健康保険の保険料抑制
被用者保険認めれば9000億円減=新高齢者医療で財政試算
健保組合、過去最大の赤字=10年度予算で6600億円超
後期高齢者保険料、2.1%増=来年度、都道府県格差2倍強
65歳以上は市町村国保に加入=新たな高齢者医療制度案

カニかご150個盗んだ疑い、船長ら逮捕(読売新聞)
「来年、るみ子から花もらいたい」=母の日に拉致被害者宅を訪問−鹿児島(時事通信)
鳩山首相、世界株安で「国際協調に努めるべき」(産経新聞)
徳之島関係者と会談、平野長官12日に鹿児島へ(読売新聞)
<水俣病>救済申請受け付け 新潟(毎日新聞)
posted by イワキリ カネハル at 12:34| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。